先物取引の仕組みを知っていますか

先物取引の仕組みを知っていますか

先物取引とはどんなものか知っていますか。

分かりやすく言うと前もって決まった期日に特定の商品をその取引の時点の価格で取引契約することをいいます。

株式投資も似ていますが、先物取引と株式投資との違いは取引の期間が決まっているかいないかです。

株式投資は値段が上がるまで長期にわたって保持することができるのですが、先物取引は取引できる期間が決められています。

期間内であればいつでも売ったり買ったりすることができるのですが、期日になるといやでも自動で決済され、損益が決まってしまうのです。

世界で一番古い先物取引は1531年にベルギーで開設されたそうです。

日本では1730年大阪堂島米会所が出来たといわれています。

それより以前にも米の取引は行われていましたが、この大阪堂島米会所が世界で初めて公共施設市場でした。

最近のような取引が始まったのは1850年頃らしく、その頃はお米をメインとして扱っていた商品ですが、最近では扱っていないようです。

歴史は意外にも古いですね。

先物取引とは未来の期日に、現時点で取り決めた金額である特定の商品を取引する契約のことです。

簡単に言うと取引を前もって予約しておくということで、英語ではフューチャーズ取引と言われ、まさに未来の取引です。

取引所取引というのは取引所で行われる取引のことで、取引される商品が決まっていて、この特徴は期日までいつでも売買をすることができることです。

この定められた日のことを「限月」といい、「買い建て」とは買う予約をすること、逆に「売建て」とは売る予約をすることをいいます。

取引所で安定化した商品を予約し、反対に取引でおきる損益だけを受け渡す差金決済で期限内であればいつでも売買できる先物取引に対し、先渡し取引とは銀行や企業などで1対1で取引される相対の予約取引のことを先渡取引といいます。

詳しくはこちらを参照してください。

先物取引で失敗しないために見るサイト

先渡取引はフォワードと呼ばれ、先物取引と違い予約日に予約時の金額を支払い、商品を受け取ります。

その時に初めて損益が出てくる取引です。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.